フラッシュモブの意味

フラッシュモブという言葉は聞きなれません。
単語を聞いて詳細を説明できる方は少ないのではないでしょうか。

フラッシュモブとは公園や路上、イベントスペースなどで、突如として人が集まり、ある目的を果たすと、その場で即解散となる行為を意味します。
集まった人々は別に仕事上のつながりがあるわけでもなく、元からの知り合いでもなく、自分の意思で集まって、目的を一緒に果たしているだけです。

そこに報酬やビジネスは関係ありません。主にネットやメールでの呼びかけに、興味のある人や賛同者が集まって実践されています。
ですから、事前の練習もないので、ぶっつけ本番で目的を果たすので、リアル感がとてもあります。
モブエージェントになる←こちらのサイトに実際行われたフラッシュモブの画像があります。

フラッシュモブは21世紀に入ってから、アメリカで起こったのが始まりとされています。
日本ではここ数年に広がって、いろいろなタイプのフラッシュモブが見られるようになりました。
まずはダンスを踊って解散したり、音楽を歌ったり奏でたり、あるメーカーの服でショーを行ったりと、さまざまな声かけがされています。

フラッシュモブは突然、予告なしに行われるので、たまたまその場にいあわせた人にはインパクトがあります。

急に人が集まってきたけどどうしたのか、何が始まるのか期待感があります。
また、偶然で音楽やダンス、ショーを体感できるので、得した気分になります。

また、誰でも参加していいので、自分も加わって楽しむこともできて、記憶に残る一瞬になります。フラッシュモブだからこそ、楽しむことに集中できて、より濃厚な時間にできます。

一方でプロが行うフラッシュモブもあります。
パフォーマンスサンプリングで実力を磨いたプロに依頼することでより完成度の高いパフォーマンスに仕上がります。

素人が一生懸命練習して行う、さすがプロ!といわせるフラッシュモブ。
どちらも感動的なものになるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ